青汁を選ぶ時に絶対にチェックしておきたい原料、比較するポイント

 

「野菜不足を解消したい」「健康体を手に入れたい」「肌荒れを解消したい」といった時には、健康ドリンクの青汁がピッタリですね。

 

「まずい!もう一杯!」というコマーシャルのキャッチフレーズで青汁は知名度を上げ、現在では年齢や性別に関係なく親しまれる飲み物となりました。

 

 

青汁と一口に言っても、製品によって使われている原料には大きな違いがあります。原料は青汁を選ぶ時のポイントとなりますので、使われていることの多い種類の効果や特徴について詳しく見ていきましょう。

 

 

ケール

 

ケールは青汁として使われている原料の中でも代表的です。

 

キャベツやブロッコリーの原種であるアブラナ科の植物で、緑黄色野菜の王様とも呼ばれています。

 

「まずい!もう一杯!」とコマーシャルで紹介されていた頃の青汁にもケールが使われていました。他の原料と異なり、ケールを使った青汁のおすすめポイントを見ていきましょう。

 

  • 緑黄色野菜の王様と呼ばれるだけあってビタミンやミネラルなどの栄養価が非常に高い
  • 粘膜を丈夫にするβ-カロテンや目の健康を保つルテインなどの特有成分を含んでいる
  • 睡眠誘発物質のメラトニンを含み、不眠の症状で悩んでいる人におすすめ

 

美容が目的でも健康体の維持が目的でも、栄養価の高いケールの青汁を飲んでいれば間違いはありません。しかし、独特の苦みがあって飲みにくいのがデメリットですので、緑茶や豆乳など他の飲み物とブレンドして青臭さを和らげるのが効果的です。

 

 

大麦若葉

 

大麦若葉はイネ科の植物で、その名の通り大麦が若いうちに収穫された状態の野菜を指しています。

 

ケールの次に青汁の原料として使われていることが多い大麦若葉。
効果や特徴をチェックしておきましょう。

 

大麦若葉の特徴

  • ビタミンAやビタミンCを始めとしてミネラルや食物繊維も豊富
  • 肌の老化を引き起こす活性酸素の除去に適した特有成分のSOD酵素が入っている
  • 苦味や臭みが少なくてケールの青汁よりも飲みやすくなっている

 

栄養価のバランスで大麦若葉はトップクラスと言っても過言ではなく、美容や健康を促すに当たってピッタリですね。毎日の食事で食べられるような食材ではないので、ドラッグストアやネット通販で販売されている青汁を利用してみてください。

 

 

明日葉

 

インターネット通販では明日葉を含む青汁が増えていて、セリ科シシウド属の植物です。

 

 

今日葉を摘んでも明日には芽が出ているほど強い生命力を持つことから、「明日葉」と呼ばれています。

 

明日葉の効果・特徴
  • ビタミンやミネラルなどの栄養素を含む栄養価の高い野菜
  • 特有成分のカルコンには肥満やメタボを予防する効果がある
  • 老廃物を排出するデトックス作用が高く、むくみの解消におすすめ

 

 

青汁のメインの材料として使われるケースは少ないものの、明日葉にも豊富な栄養素が含まれていますので補助的な野菜という位置付けですね。ケールと比べると苦みや臭みが少なく、初めて青汁を飲む人でも続けることができますよ。

 

 

その他の原料

 

青汁は、「ケール」「大麦若葉」「明日葉」の3つが代表的な原料ですが、以下のように他の野菜が含まれている商品も少なくありません。

 

  • 桑の葉:健康茶の原料として代表的で、ダイエット効果の高いDNJ(1-デオキシノジリマイシン)を含んでいる
  • 長命草:長寿の秘訣とも言われる野菜で、高い抗酸化力を持つので美容効果や美肌効果が非常に高い
  • クマザサ:抗菌作用と免疫力を高める力が強く、古くから胃腸病を治す薬草として使われていた
  • よもぎ:葉緑素や食物繊維の含有量が多く、漢方薬やお灸の原料としても利用されている

 

 

青汁を選ぶ時は1種類の原材料で比較するのではなく、「複数種類の野菜が使われているのか?」といった点に着目してみてください。