青汁を毎日飲むことを習慣にすることで得られる4つの効果

近年の健康ブームにより青汁の人気が再沸騰中です。

 

青汁は豊富な食物繊維やビタミン、ミネラルカルシウム、鉄分などを含んでおり、青汁の製品によっては乳酸菌やコラーゲンなども配合されているものもあり美容面、健康面のどちらにもさまざまな効果を発揮します。青汁を毎日飲むことを習慣にすることで得られる4つの効果について解説していきます。

 

便秘が解消する

 

青汁の主な原材料はケールや明日葉、大麦若葉などいずれも豊富な食物繊維を含んでいる青野菜が中心となっています。これらの食物繊維は摂取すると水に溶けることなくそのまま腸内に達してカサを増していくのでこれが腸壁を刺激して腸のぜん動を助けてくれるのです。この効果により便秘になりにくく毎日快適なお通じが期待できるのです。さらに青汁によっては乳酸菌を添加しているタイプもあるので特に日頃から酷い便秘に悩んでいる方は乳酸菌の入った青汁を選ぶと、より高い便秘改善効果が期待できるでしょう。

 

美肌効果がある

 

青汁には非常に豊富なビタミンA、B群、C、Eが含まれています。これらのビタミン群は全て美肌効果に最適なものばかりです。例えばビタミンCはメラニンの生成を抑制し美白効果を発揮してくれるのでシミやそばかすなどを改善したり予防にも役立ちます。他のビタミンも活性酸素を除去してくれる働きがあるのでお肌の老化を抑えていつまでもみずみずしくて若々しいお肌を維持することに役立ってくれるのです。スキンケア製品にビタミンが配合されていることが多いですがお肌の外からよりも青汁でお肌の内側からケアすることができるので、効果がしっかりと得られるのです。

 

動脈硬化を予防する

 

血管内にコレステロールや中性脂肪が少しずつ蓄積していくと血管内が狭窄してしまい血液の流れもドロドロになってしまいます。すると動脈は柔軟性を失いどんどん硬くなっていってしまうのです。これが動脈硬化です。青汁に含まれている豊富な食物繊維は体内のコレステロールや中性脂肪を包み込んで体外に排出する働きがあります。ですから青汁を毎日飲むことで血管内の血液をサラサラにし動脈内の狭窄をおこしにくくすることができます。ですが最大限の効果を期待するためには青汁だけに頼るのではなく日頃の食生活も改めて見直すことも大変重要です。

 

免疫機能アップで体質改善できる

 

青汁に豊富に含まれている食物繊維が腸に送り込まれることで宿便なども全てすっきり排出でき、デトックスすることができます。それにより善玉菌が悪玉菌の数よりも多くなり腸内環境が大幅にアップします。腸内環境が良くなるということは免疫機能も高まるのです。腸は免疫機能の中枢と言われていますから、良い腸内環境を維持することは直接免疫機能を高めることにつながりますから疲れにくくなったり、アレルギー体質が改善されたり風邪をひきにくい体質になったりという嬉しい健康効果が得られるのです。

 

以上4つの青汁効果についてのまとめでした。青汁は美容にも健康にも良いことがわかりましたが青汁だけに頼るのではなく、あくまでも基本は栄養バランスの取れた食事を中心にして青汁はサポート的な役割として活用することが大切です。